DEVIATE.COは
Artistを社会的職業に / Artを経済市場の中へ
を目的とした団体です。
 

緊縛×コンテンポラリーダンス ×舞踏×音楽

認識のできない自由さ

自由と不自由
解放と束縛
あなたは不自由の中の自由さを
認識できますか?
 

出演
緊縛 きしみ a.k.a 龍崎飛鳥
コンテンポラリーダンス 木村英一
舞踏 石井則仁
音楽 ryotaro

3月30日(月)
18:30 開場  19:00 開演

前売り 4000円 (+1ドリンク)
当日 4500円 (+1ドリンク)

京都UrBANGUILD
〒604-8017 京都府京都市中京区材木町181−2 ニュー京都ビル3F
TEL/FAX 075-212-1125

予約:問い合わせ
co.deviate@gmail.com

Profile / プロフィール

 

龍崎飛鳥 a.k.a. きしみ

90年代初頭からSMシーンに携わる。
女王様という概念だけでなく女流緊縛師として96年にドイツでのヨーロッパ最大イベント「エロティカ」に出演。
2000年には写真集バーニングマン〜炎人の写真撮影。
2018年京都のアクアにて現代美術アーティスト クリスチャン・ヤンコフスキーと「フローティングワールド」コラボレーション展示。
縄という物を通して表現したい発起。
龍崎飛鳥が軋みだす。
Photo by Makiko Kumagai
 
 
 

木村英一

コンテンポラリーダンサー、インプロバイザー
ダンスカンパニー「モノクロームサーカス」にてダンサーとして国内外で活躍。
フリーに転向後、ライブハウスなどの非劇場空間で役者・画家・書家・音楽家らと主に即興パフォーマンスを中心に活動。
haryka nakamuraやドラッグクイーンNADJA・GARNDIVAとのコラボレーションなど活動は多岐に渡る。
 
 
 
 
 
  
 

ryotaro (acc, synth)

エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。
96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て2010年からUrBANGUILDのブッキングを務め、FOuR DANCERS, Velvet Moon等、数々のイヴェントを企画。
今貂子、藤條虫丸、マルセロ・エヴェリン、由良部正美、ヤザキタケシ等、共演したダンサーは数知れず。梅津和時らと中山ラビのバックを10年以上勤める。
12年よりFRYING DUTCHMANのレコーディングに参加した事をきっかけに、ツアーに同行。
16年より梶原徹也 (ex. THE BLUE HEARTS)、 eiji (Dachambo)と共に正式にメンバー入り。
フランスを中心に海外でのライヴ活動も精力的に行い、15年にはHi Seoul Festival 、19年には釜山国際即興舞踊祝祭、Bridge Dance Festival (Chicago) に招聘される。’10, ’11年と、coba主催のイヴェントに参加
photo by Kazuo Yamashita
 
 

石井則仁

1984年生まれ、東京都出身。
17歳からストリートダンスを踊り始め、様々なダンスコンテストにて入賞。数々のアーティストのバックダンサーやCM・テーマパークダンサーなどで活躍後、2006年活動場所を舞台空間へ移行。
過去に様々なDance Companyの国内外の公演に参加する傍ら、蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。
2007年よりソロ活動を開始し、現代人の肉体に宿る狂気と普遍性のある美をコンセプトに人間の心理に働きかけ、社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。
2013年ソウルインターナショナルコレオグラフィーフェスティバルにて当時の総合準優勝のJury prizeを受賞。その後、韓国・イスラエル・シンガポールなど多くの国で再演をおこなう。
2015年に同フェスティバルにて総合準優勝のSCFアワードを受賞。初の2度受賞という快挙を遂げる。
2010年 コンテンポラリーダンスの殿堂と呼ばれるパリ市立劇場を創作拠点とし、世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、自身の活動も含め25カ国70都市以上で公演を行う。
Photo by Makiko Kumagai