印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


DEVIATE.COは
Artistを社会的職業に / Artを経済市場の中へ
を目的とした団体です。

     





作品:Runway

振付 : On & Off Dance Company (Han Chang-Ho & Do yu) from 韓国
出演:Dance Camp Platform Creation 1 参加者

人間と身体に関する観察とその関係性をランウェイという通路を舞台にし、その上を闊歩する人間のショーとして見せる。
有機生命体である身体、動物としての人間、直立して二足歩行する原始人、理想を追い求める欲望の人、生存をかけて戦う人、平和な日常の表情をしている人、
そして躍動的で美しいモダンダンスを華やかに踊る人…が繰り広げられていく。
on & offダンスカンパニーが繰り出す”道”と観客の”道”が出合っていく。

Han Chang-Ho / ハン・チャングホ & Do yu / ドユ)
ダンサーであり教育者であるハンチャンホとドユにより2001年、Life & Sincerirt(誠実)を探求し、実践するダンスカンパニー「on & off ダンスカンパニー」を設立する。
2001年春川国際マイムフェスティバルにて作品「Dance with me」により観客からの大きな好評を得、
作品「アスファルトブルース」にて2004年果川フェスティバルにて自由参加作品対象を受賞。
躍動的な舞台芸術をストリートで上演する先駆者となる。
2005年運営していたフリースペース「Dance Factory」を移設。「Dance Saturday」、「ムルレアートフェスティバル」などを始め地域活動を展開し、2009年その功績を認められ韓国舞踊批評家協会より特別賞を受賞する。金泉アートキャンプ(2011~2013)とソウルダンスセンター(2013~2014)のレジデンスアーティストとして活動。
2005年作品「貧しい人」で韓国舞踊協会より若手振付家優秀賞、2006年韓国文化芸術委員会新進芸術家、2007年振付家育成事業選定振付家、2008年ソウル文化財団の後援によりニューヨークリンカーンセンターの教育芸術家研修過程を修了する。
2015年「Step by Step」によりアンサン国際ストリートアートフェスティバルにて自由参加作品最優秀作品賞を受賞。
2017年より台湾のダンスカンパニー、日本の劇場とアーティストたちとの創作交流を行っており、観客と出会い、踊りを通して幸福な時間を過ごせるよう、日夜創作に励んでいる。

作品:003#-2

総合デザイン:Arnau Milla from スペイン
出演:Dance Camp Platform Creation 2 参加者

単調な生き方。灰色。社会の疎外。確立されたものから遠ざかることの困難さ。感情は私たちを守り、隠し、偽る。
正直でいることは、自身に対して暴力性を必然的に伴い、内部は外面に反映される。覆い隠すもの。
人々は相互に作用することを必要とし、私たち自身の最良を得る。
地位の広告から克服するための人間の能力の賞賛。
強度と脆弱さは身体の中で共存し、動かし鍛錬する。


サウンドペインティングとは?
サウンドペインティングは音楽家、俳優、ダンサーそしてヴィジュアルアーティストのための普遍的かつ学際的な実演的言語である。
表現者が望む素材のタイプは、サウンドペインター(作り手)によって指し示される1200以上のジェスチャーから成り立っている。
クリエイションの構成は、サウンドペインターによるジェスチャーから成り立ち、各セットのパターンを通じて実現されます。
それはリアルタイムな振り付けであり、生きている作品/作曲となる。


Arnau Milla / アルナウ・ミラ
スペイン カタルーニャ州のアーティスト。多専門領域に通じた音楽とダンスの相互作用に働きかける活動をしている。
クリエイターとして、音楽のプロジェクトを発展させつつ他の芸術的な言語と社会的な関わりをリンクさせながら、常に「自己」と「環境」の関係性を探求している。
マルチアーティスティックなカンパニー "Col·lectiu Free’t (コレクティウ フリート)"のアートディレクター。
カンパニーは[サウンドペインティング(多専門領域にわたる、身ぶり手ぶりの手話のようなものを実演しながら即興で全ての指揮をする)という、創造的で実験的なサウンドペインティングを駆使しながら、即興的な実演やコンタクトインプロヴィゼーションにフォーカスしていく。(身体的接触という点でのテクニックは、動きと即興の新しい出発点を与えることができる)



西山ちみお
1984年、北九州出身、北九州在住。
15歳からドラムを始めバンド活動を開始。
20歳からジェンベ、カホンなどパーカッションを独学で学び夜な夜な音楽を肴にお酒を楽しむ。

作品:Rosa

振付・出演:Do yu from 韓国

彼女の名前はローザです。 人間になりたい鳥です。
自由を渇望しながら矛盾に捕とらわれてしまう人間を愛することになったローザの神秘的なお話。

Do Yu / ドユ
On and Off Dance Company 芸術監督 / 振付家 / ダンサー
彼女の代表作 "Mong Whan(Dreamlike)"は、延べ15カ国にて公演されており、 "That Person Then" "Bizarre waiting" "There is no sea" "Dance with me!" 、"The River Marcel" "Mille Fleure" 、共に活動しているハン氏と制作した、 "Blossoming April"や"The Blue Sneakers”という作品を韓国の30以上のフェスティバルで発表している。
2015年、Ansan International Street Arts Festival の Off Programs にてStep By Stepが ”Best Work prize”を受賞。
SungKyunKwan大学卒業。
カリフォルニア芸術大学(California Institute of the Arts)パフォーマンス/コレオグラフィーでMFAを取得。

作品:From Fall To Winter

振付・出演:Han Chang-Ho from 韓国

身体自体の本能。
五感で考え心で感じ身体で語る。
身体は私を正しく導く記録であり歴史である。
複雑にもつれ絡まった様々な関係から抜け出し、私に私を告白し思案する時間を作り探していく。
我々の人生は自然と似ている。
まさしく渦の中で落ち葉が踊り、古木の枝が風と共に踊るように、空間に記憶される踊り。
そして失われていく存在の美しさが記憶される身体の歌を歌う。

Han Chang-Ho / ハン・チャンホ
On and Off Dance Company 芸術監督 / 振付家 / ダンサー
2001年、On and Off ダンスカンパニーをドユと共に立ち上げ、演出・振付を務める。Korean Dance Critics Special Awards 2009や、Young Choreographer Awardsにて受賞。

その際特別賞を受賞し、2005年にはDance Association Koreaよりスポンサー契約を受ける。
2006年 第1級MAPアーティスト(ソウル芸術文化財団)、 振付家育成サービス(韓国アーツカウンシルスポンサー)、ライジングアーティスト(韓国文化芸術協会)、若手ダンスの批評家’による若手ダンサーに選出。
2004年 GwaCheon Festivalで “Grand Prize”受賞。
近年、Ansan International Street Arts Festivalで “Best Work Award” 受賞
<主な代表作> "From Fall To Winter" "In between" "Shadow Flower" The Song for Dance" "Frugal Love" "Eating Light" "Asphalt Blues"

作品:聖なる歪み / Holy Distortion

振付・演出・デザイン:石井則仁
出演:松井英理・森淑乃・大橋佳奈・重藤 遙

分かりやすく長い物に巻かれる現代社会
人々は人とは違う自分の変わった部分を隠して生きている
あなたの歪みこそ美しい

石井則仁
舞踏家 / 振付家 / DEVIATE.CO 芸術監督
過去にBABY-Q・大橋可也&ダンサーズ・辻本知彦・大駱駝艦など様々なDance Companyの国内外の公演に参加する傍ら、蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。
2013年ソウルインターナショナルコレオグラフィーフェスティバルにて当時の総合準優勝のJury prizeを受賞。その後、韓国・イスラエル・シンガポールなど多くの国で再演をおこなう
2015年に同フェスティバルにて総合準優勝のSCFアワードを受賞。初の2度受賞という快挙を遂げる。
2010年 コンテンポラリーダンスの殿堂と呼ばれるパリ市立劇場を創作拠点とし、世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、21カ国60都市以上で公演を行う。2013年には国際交流基金賞を受賞。
また、ストリートダンスの身体構造を混ぜたコンテンポラリーダンスや舞踏のワークショップをマレーシア・韓国・シンガポール・ブルガリアなど国内外にて多数おこなう。