印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


DEVIATE.COは
Artistを社会的職業に / Artを経済市場の中へ
を目的とした団体です。



日本で生まれた舞踊文化 舞踏 / Butoh is Japanese dance culture. It was born in Japan
アヴァンギャルド且つ世界での評価が高いButoh / Butoh is avant-garde and high reputation in the world
だが日本での認知度は低い / However recognition is low in Japan
舞踏/Butohが今後どこへ向かうのか / Where is Butoh going?
時代を担った舞踏カンパニー / Dance company that was responsible for the era
その踊り手たちの未来へのパフォーマンス / Performance to the Butoh of the future

Schedule /日時


12月9日 (月)
19:00 Open
19:30 Start

Ticket / チケット


一般前売  3000円 + 1Drink
一般当日  3500円 + 1Drink
学生前売  1500円 + 1Drink
学生当日  2000円 + 1Drink
小学生未満無料

Venu / 会場


京都UrBANGUILD
〒604-8017
京都府京都市中京区材木町181-2 ニュー京都ビル3F

アクセス:京阪三条駅[6番出口]から徒歩約3分、
阪急河原町駅[1番出口]から徒歩約6分。
木屋町三条の交差点より南に約100m、
木屋町四条の交差点から北に約400mの位置です。
エレベーター手前にITOENの自動販売機があります。







Booking / 予約


co.deviate@gmail.com

Contact / 問い合わせ先


DEVIATE.CO
http://deviate-co.com/index.html
co.deviate@gmail.com

Profile / プロフィール

髪立ツカサ

2014年田仲ハルに師事。
2015年「北の舞踏21世紀」で雪雄子らと共演。
2017年「札幌国際舞踏フェスティバル」オープニングアクト。
同年、ヨーロッパ4ケ国ツアー。
2018年ソロ公演「馬頭卿」で好評を得る。
同年「北海道舞踏フェスティバル」招聘。
「極北会」旗揚げ公演。
2019年「台湾インターナショナルダークネスダンスフェスティバル」出演。

石井則仁 from 山海塾

2007年よりソロ活動を開始し、現代人の肉体に宿る狂気と普遍性のある美をコンセプトに人間の心理に働きかけ、社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。
2013年ソウルインターナショナルコレオグラフィーフェスティバルにて当時の総合準優勝のJury prizeを受賞。その後、韓国・イスラエル・シンガポールなど多くの国で再演をおこなう。
2015年に同フェスティバルにて総合準優勝のSCFアワードを受賞。初の2度受賞という快挙を遂げる。
2010年 コンテンポラリーダンスの殿堂と呼ばれるパリ市立劇場を創作拠点とし、世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、自身の活動も含め25カ国70都市以上で公演を行う。2013年には国際交流基金賞を受賞。
また、ストリートダンスの身体構造を混ぜたコンテンポラリーダンスや舞踏のワークショップをマレーシア・韓国・シンガポールなど国内外にて多数おこなう。

田仲ハル from 北方舞踏派

83年「北方舞踏派」全国ツアー参加。
数種の舞踏カンパニーの旗揚げに参加後、ソロ。
ダンスによるビル乗っ取りでマスコミに話題になり
特異なキャラクターが注目され近年は海外から共演のためにアーティストの来日が相次いでいる。
ポーランドの芸大やロシアの人文学科の研究対象になるなど、その活動は舞踏の範疇を越境。
2017年「札幌国際舞踏フェスティバル」に招聘
2018年、2019年「北海道舞踏フェスティバル」に招聘
「台湾ダークネスダンスフェスティバル」に招聘
2018年舞踏カンパニー「極北会」を旗揚げ
毎年8月に北海道古平町の漁村の寺「願雄寺」にて仏教と舞踏の合同合宿を3日間開催

桂勘 from 白虎社 & 白狐系
(杜昱枋 / DUYufang & 朝雷 / Xiaolei)


1979年に舞踏結社「白虎社」設立に参画、81年よりソロ活動。
86年 マルチナショナル舞踏グループ「桂勘&サルタンバンク」結成、インドネシア、タイ、シンガポールでの共同制作プロジェクトを国際交流基金の助成のもとに2001年まで数多く行う。
87年より金剛流能楽師シテ方廣田幸稔氏に師事。
京都を拠点に東南アジア、欧米、ロシア、中国、ラテンアメリカなど世界各地で公演、レジデンス活動、ワークショップを多数行う。分野、国籍、年齢を超えた身体性と自由な表現方法を”舞踏ーコンテンポラリーダンス”を軸に創作を続けている。
2009年より、北京の舞踏カンパニー「白狐系」(主宰:DU Yufang)とのコラボレーションを開始、2018年より「京都国際舞踏祭」を開催、肉体と風土をテーマに活動している。